「困ったこと」には2種類ある!?

自己啓発

みなさんは身の回りで「困ったこと」に出会ったことはありますか?

 みなさんは、身の回りで「困ったこと」に出会ったことはありますか?

 むしろ、一度も人生の中で「こまったこと」がなかった人なんていないのが普通だと思います。

 その「困ったこと」には2種類あることをご存知でしたか?

 この記事では、その2種類について明らかにし、その種類によって解決のアプローチが違うことをお伝えしたいと思います。

・外的な支援が必要な「困ったこと」

まず1つ目に外的な支援が必要な「困ったことがあります。

例えば、

①「お金がなくて困っている。」
②「お腹が痛くて、耐えられずに困っている。」
③「身体が思うように動かなくて困っている。」

これらは、
①必要なお金を援助する。
②整腸剤をのんで治す。
③必要なストレッチや器具の装着などを行う。
などの、外的な支援によって、「困ったことを解決に導くことができます。

答えは、わかりやすくそれに向かって計画を立てたりすることができるでしょう?

 

・内的支援が必要な「困ったこと」

しかし、
「親しい人が突然なくなってショックで落ち込んでいる。どうしたらいいかわからない」のような〈困った〉を解決するにはどんなアプローチができるのでしょうか?

この点、続きの記事に書いていきたいと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました