【書評】『20代にしておきたい17のこと』著:本田健

書評

20代にすべきことを見つめ直させてくれる本

著者:本田健さん

 著者の本田健さんは、神戸生まれで、複数の会社を経営する「お金の専門家」です。

印象に残った3つのこと

「ワクワクすることをやって、輝こう」

 私は、作家になりたいという人には、原稿を書くことよりも、自分がワクワクして面白い人生を生きるほうが、近道になるとアドバイスをしています。

あさこん
あさこん

あっ、自分は作家(本を書く人)になりたいんだなと自覚しました。

 

 

 作家になるには、うまい文章をかけるかどうかより、自分に主張したいことがあるかどうか、自分に語るべきものがあるかどうかだと思うのです。

あさこん
あさこん

自分に主張したいものはあるんでしょうか?

これから探していかないといけませんね。

 目の前のワクワクすることをやってみること。それが夢を生きられるかどうかの最初の一歩なのです。

あさこん
あさこん

目の前のワクワクすること…。

自分にとっては、今書いているこのブログと読書があてはまります。

 

 

あさこん
あさこん

あー!もっと本が読みたくなってきた!

「どんな恋をしてきたか。」

 

 その人と一緒にいられてたら死んでもいいというぐらい、一人の人を好きになれるかどうか。これこそ、20代にしかできないことだといってもいいかもしれません。まだ結婚まで考えなくてもいい……相手のことが好きだということだけでいける年代が20代なのです。

あさこん
あさこん

もう一度そんな恋をしてみようかな…。

「メンターの質が人生を決める」

 「メンター」とは、自分の人生がよりよくなるようにサポートしてくれる人です。

 若くして成功してもすぐにダメになる人は、いいメンターを持っていない人です。逆に、安定的に成功している人には、素晴らしいメンターがいます。

 そう簡単には見つけられないものですが、20代のうちから、自分のメンターになる人を探しておくことはとても大事なことだと思います

 

あさこん
あさこん

自分は、

①読書

②作家

③教育

④特別支援教育

⑤ブロガー

⑥コーチング

⑦投資

⑧経営

のメンターがいると嬉しい。

あさこん
あさこん

どうやってみつけたらいいのだろう?

 大切なのは、あなたが憧れる存在です。お店を経営してお客さんに囲まれている人を尊敬するのか、運転手付きの車に乗っている経営者が格好いいと思うのか、あなたの理想をイメージをしてみましょう。そして、あなたのあこがれの基準が、そのままメンター選びにつながってきます。
あさこん
あさこん

自分のあこがれの姿…。

自分を見つめ直さないとだね。

まとめ:私の20代にしておくべきこと

 ①理想の姿をイメージして

 ②ワクワクすることに積極的に挑戦して

 ③最大の恋をする。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました